投稿

他のメタバースでアバターづくりを体験してみました。

イメージ
うちが普段暮らしているSecondLifeでは、アバターにほぼ無限と言っていい自由度があります。現実世界と同じように、メークをして髪の毛を整えて、服を着て靴を履いてアクセを付けて・・・と自分のアバターづくりを楽しめます。あらゆるものが3Dモデルとして自作可能ですが、そんなことができなくてもクリエイターさんの作品を現実と同じようにショッピングで手に入れられます。うちが数あるメタバースのなかでも、今でもずっとSecondLifeに暮らしている理由の一つが、この自由自在のアバターづくりです。 ※SecondLifeの自宅より。画像はごくごく一例でイメージです。 でも、とことん作り込めるだけに、操作はけして簡単ではありませんというか超めんどくて手間も費用もかかるし教えてあげるのも超大変。アバターやメタバースが初めてという方が好みのアバターになりたくてSecondLifeにやってこられた時、最初にして最大の障壁になっているかもしれません。 ではSecondLife以外のメタバースと言われるサービスのアバターはどうやって作るんだろうと、少しだけ体験してきました。 ※今回はアバターづくりに関することだけです。世界観や操作性などには言及しません。 VRChat とりあえず全部英語の世界でたじろぎつつ・・・最初にログインしたときにアバターを選択できます。VRChatのアバターは、全とっかえの着包み式です。デフォルトで用意されているのは、たぶんクリエイターさんから提供されているものなのでしょう。選択肢は時期によって変わるみたいです。 ログインした状態ではどのアバターにするか選択するだけで、形や色等の調整はできません。 オリジナルのアバターになりたかったら、3DモデリングツールにVRChat専用のキットを組み込むことでゼロから好きなように製作できるようです。他のクリエイターさんからデータを購入し、データによっては更に自分で加工して自分のアバターとして使うことが出来ます。 オリジナルアバターのデータをアップロードするには、活動時間の蓄積とかフレンドとの交流とかの試練を乗り越えてレベル上げみたいなことをする必要がありました。 Cluster 日本の会社のサービスなので当然日本語、一安心・・・Clusterもログイン時にデフォルトのアバターから選択します。こちらも着包み式。 うちが最初にClu

かに極楽

イメージ
 何故か「かに」が大ブレイク? でもね、このカニのオブジェクトを最初に装着して遊んだのはたぶん私です。 変な流れにしちゃってごめんなさい。大喜利、楽しいね! 編集OKのオブジェクトでしたので、乗り物に魔改造してやりました。 さる(まる)かに合戦!

セカンドライフ現在

イメージ
 よくわかりませんが、新手のSNSサービスが自称スタートアップな人達とか、意識高いと思ってる人たちの間で話題になっているそうです。 その影響で『昔あったサービス』の比較対象の一つとしてセカンドライフのことも思い出しているそうで、『セカンドライフ現在』という検索ワードがサジェスチョンに出てくるという話を聞きました。 実際そのワードでグーグル検索をしてみますと、まぁ想像通りいつもの結果が出てくるだけ。 このマンガ他いくつかをツイッターに投稿するときにハッシュタグで #セカンドライフ現在 てつけてみたんですが、全然引っかかる素振りさえありませんでした。当たり前か。 「セカンドライフ現在」というワードで調べたつもりでも、多くの人たちは何年も前の過去のことを見てるんだろうなぁ。 マンガの内容は特に意味はありません。素敵な景観だったので(^^

もうひとりの私

イメージ
 サブアカウントの涼子さんは、本アカウントの実験台でもあります。 ちょっと冒険したものとか、勇気が必要なものとか、ネタすぎるものとか、路線をかえてみたいものとかをまず涼子さんで試してみることも多いです。 不思議ですよね、自分のアバターはやっぱり中の人なりの姿にさせたくて(中の人と同じとは言っていない)、年齢の雰囲気とか違う性格にしてみたいときは本アカウントではやりにくいの。中の人は同じだし、他の人にもそれを公言して、けして隠してはいないんです。 セカンドライフはもう一人の自分という言い方をされることがありますが、私の場合仮想世界の中に更に別の、もう一人の自分を置くことで、気分転換担っているかもしれません。ややこしな。

おわかりいただけただろうか

イメージ
 マグナムさんが、またま他素敵な場所を紹介してくださいましたので、マグナムチャレンジ! こちらが元ネタの投稿です。  https://t.co/tVCel5T0ML pic.twitter.com/TcWhUz4sbU — magnum yoshikawa (@MagnumYoshikawa) January 27, 2021   涼子さん、チャレンジ! 本アカウントでもチャレンジ! おわかりいただけただろうか・・・・・

熱気球の街

イメージ
 バルーンフェスタが開催されているような素敵なSIM群を教えていただきました。 景観と環境を整え、お家やお庭を用意してレンタルする住宅地のようです。まさに夢のような場所になっていました。 誰でも乗って操作できる熱気球が用意されていました。 気球・・・・といえばアレだな! なぜか『ペロくん』のオブジェクトは昔作ってあったのです。 何のネタで作ったんだっけかなぁ 望遠鏡とそのポーズと、キャップをこさえました。 OK コレが何なのかわかってくれる人が周りには少なくて、思いっきりスベりました。 じゃぁこれだ! ぼく、マグちゃん!悪事を「はたらくおじさん」 はともかく、お友達も呼び寄せて、 気球に乗せてもらった子どもたち、大はしゃぎ! 人がゴミのようだー

再現と表現

イメージ
 セカンドライフには、私達日本人が洋風の街を作るように、和風の街を作る日本人ではない方も大勢いらっしゃいます。 細かなことを言うと、現実の日本ではありえない間違いも色々あるのですが、ここは仮想世界セカンドライフ、ケチを付けるような野暮なことはしません。その方にとっての日本なんですからそれで良いんです。同じように、私達が作る洋風でもきっとありえない間違いがたくさんあるんでしょうね。 別世界の日本を楽しませていただきます。 日本が大好きなドイツ人が作られたんだそうです。 散歩してると、お友達とバッタリ出会うこともあります。 この街も日本人ではない方の作品のようです。 私達では気が付かない、忘れてしまった日本ならではの風情が むしろしっかりと醸し出されているような気がします。 現実通り間違いなく作るのは『再現』で、 セカンドライフの世界は『表現』で、全く違うものです。 そしてここは現実を超えた『創造』ができる世界です。