2012年7月20日金曜日

Tears of Dragon やってきた!

仮想世界セカンドライフのなかに作られたロールプレイングゲーム、Tears of Dragonを遊んできました。

公式サイトはこちら

すごいですねー、知恵と手間とセンスを駆使されていて、セカンドライフでもここまでRPGっぽいことができるんだなぁと感動しました。


のんびり遊んで約3時間ぐらいでクリアできました。ストーリーも演出も難易度も、ゲームとしてとてもいいバランスで、とっても楽しめました。提供して下さった方に感謝いたします。
発想の転換というかアイデアも満載で、誰もが楽しめるゲームになってます。


自己完結で、他のプレイヤーとは全く無関係に一人で楽しめます。わたしはこんなアバターで遊びました。自分のアバターの見た目はほぼゲームの進行には無関係なのですが、せっかくですので雰囲気も楽しみましょう。


もうそろそろ終盤の画面。ネタバレになるのであまりSSを載せられません。これから遊ばれる方は、ぜひ自然環境をリージョンの設定を使うようにして、クリエイターさんが意図した雰囲気を楽しまれてください。


記念撮影用のプリクラみたいなのが置いてあったのでぱちり。

セカンドライフの可能性も改めて思い知らされました。
出来ないのではなくて、出来る人はおられるのに今までやらなかっただけだったのですね。このTeras of Dragonが刺激となって、新たなクリエイターさんもセカンドライフを活用されるようになるともっともっと楽しくなりそうです。

一つまじめなお話しをいたしますと、Teras of Dragonはフルリージョンを丸ごと一つめいっぱい使っているわけですが、SIMひとつを所有して維持し続けるためには大変な費用がかかります。この維持費が払えなくて、せっかくの素敵なSIMがいくつも廃止されてきました。
 Teras of Dragonはスポンサー様のご厚意でSIMを使えていると伺いましたが、たくさんの人の創造力を結集した素晴らしい仕組みを、これからも維持発展させていくためには、少なくともSIMを維持できる程度のきっちりとした収益システムが必要だと思うのです。具体的な方法は思いつきませんが、何でも無料で遊べると思ってる私なんかの意識も改める必要があるかもしれません。
 今後の発展に期待して、また何らかのかたちで協力できるといいな。



にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。