2016年2月19日金曜日

サービスタイム


仮想世界セカンドライフのアバターは、ほぼゼロから作れると言っていいぐらい自由度が高いです。
現実の自分から離れて、どんな姿にでもなれ、ファッションも(出すもの出せば)思い通りに!
でもなぜか、たとえ同じ服に身を包んでも中の人の個性が見て取れるんです。それが『キャラクター(=誰か他の人が作り出したモノへのなりきり』)、と『アバター(=自分自身の化身)』の違いの一つじゃないかと思います。











にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。